腎臓病の治療

腎臓病、慢性腎不全の治療法

慢性腎不全の治療法

腎臓はもう、慢性腎不全になってしまったら、戻りません。人工的に血液のろ過をしてあげる以外ないのです。

 

急性腎不全の治療方法

急な不摂生や、衰弱など何らかの原因で腎臓の働きが悪くなってしまい、急性腎不全になってしまうことがあります。腎機能の回復の見込がある場合、原因をとり覗くことが治療の主な目的となります。
血を綺麗にする、食べ物を管理する、睡眠を充分に取るなど、自然回復力を期待して、原因を取り除きます。
尿細管障害による腎不全の場合、なかなか100%の回復は難しいですが、腎臓への負担の原因を取り除くことで多少の回復や症状の軽減が期待できます。
また、同時に血液を綺麗にする治療、対応をします。

 

人工透析とは

腎不全で働かなくなった腎臓が通常機能の10%を切った時、人工透析を考えます。人工的に血液を浄化し、腎臓の働きの代わりを機械で行います。
これを透析療法といいます。

 

人工透析には、オンラインHDF両方、血液透析療法、腹膜透析療法の3種類があります。

 

 

血液透析療法

一般に「人工透析」と言われるものです。血液透析器を使い、血液をろ過しながら循環させます。腕の静脈と動脈をつなぐシャント手術が必要です。週に2〜3回、数時間づつ病院へ通う必要があります。

 

オンラインHDF療法とは

人工透析をしながら最新機器で24〜28Lの補充液を生成し、治療装置を経てろ過した血液を体に戻します。人工透析と血液濾過を合わせた治療で、効果は一番高いとされています。※高価

 

腹膜透析療法

腹膜の中に透析液を注入し、体内で血液を浄化します。お腹にカテーテル手術が必要です。自宅で出来る機器をレンタルしているところもあります。

 

 

詳しくは、通っている病院の専門医にお聞き下さい。病院によって、扱っている治療法は違います。


 
top 慢性腎不全の症状 慢性腎不全の原因 慢性腎不全の治療 腎臓病向け改善食品