腎臓病の食事

腎臓病、慢性腎不全の食事

慢性腎不全の食事

腎臓病では、「塩分」「タンパク質」「カロリー」が指導されることになります。
適切な管理をするために、管理栄養士などがつくことがあります。勝手に食事療法をして、カロリーを制限しすぎて他の病気にならないよう、しっかり指導を受けましょう。

 

必要なカロリーを確保しながら、厳重に塩分やタンパク質の制限をする。その他カリウム、リン、水分量もチェック。
健康によいと思って納豆ばかりを食べて、カリウム過多になってしまった患者さんもいます。カリウムは一番気を付けなければいけない成分です。健康に良さそうな野菜や食品だからと、いっぱい食べていいわけではありません。

 

カリウムが含まれる食物

パセリ 1,000
豆みそ 930
よもぎ 890
こんぶつくだ煮 770
アボカド 720
ひきわり納豆 700
ほうれん草(生) 690
ゆりね 690
ザーサイ 680
納豆 660
きゅうりのぬか漬 610
やまといも 590
ぎんなん 580
大豆(ゆで) 570
ほや 570
中国ぐり 560

里芋 560
あしたば(生) 540
かぶの葉のぬか漬 540
焼き芋 540
にんにく 530
モロヘイヤ 530
からし菜漬け 530
おかひじき 510
あゆ(天然/焼) 510
にら(生) 510
たくあん漬 500
たい(焼) 500
かぶのぬか漬(根) 500
しそ 500
チリソース 500

 

その他食品材料でカリウムが多いもの

こんぶ(乾) 5,300
わかめ(素干し) 5,200
とろろこんぶ 4,800
ひじき(乾) 4,400
ベーキングパウダ 3,900
インスタント珈琲粉 3,600
あおさ(乾) 3,200
切干だいこん(乾) 3,200

 

 


 
top 慢性腎不全の症状 慢性腎不全の原因 慢性腎不全の治療 腎臓病向け改善食品