高齢者の腎臓病 腎臓透析

高齢者の腎臓病 人工透析の問題点

高齢者の人工透析の問題点

腎臓透析は、腎不全の患者さんにとって唯一と言っていいほどの対象療法となります。
しかし近年、高齢者の腎臓透析については、家族とともに判断をする難しさが話題になっています。

 

腎臓透析を受けるか受けないか

本人にとっても、家族にとっても、人工透析は金銭面・時間面・気持ち的に大変負担の重いものです。延命措置としての人工透析となることをしっかり受け止めるべきです。腎不全になってしまったら、人工透析をしないかぎり、1週間と持たないでしょう。

 

 

  • 苦しい思いをし続けても、延命したいのか。
  • 本人が、どんな治療を何のために受けるのか、しっかり理解しているか。
  • 本人が本心で、受けたい/受けたくないと言っているのか。
  • 何が本人のためになるのか。

 

これはそれぞれのご家族で、真剣に考え、結論を出すべきと思います。


 
top 慢性腎不全の症状 慢性腎不全の原因 慢性腎不全の治療 腎臓病向け改善食品